2017年02月12日

トリニダーB

tri.animal.jpg
首都ハバナでは観光用の馬車を見かけるが、
地方へ行けば今でも馬は生活に溶け込んだパートナー。
いたるところでぱっかぱっかと蹄の音と、
ボットンボットンと馬糞ちゃんたち。
でも古都トリニダーの石畳は見事に馬糞対応、
あちこちで沸き流れる地下水と共にロードウォッシュ。
馬ばかりか鶏も放し飼い。
なんと草を食んでる馬も放し飼いかいな?と思ったら、
たずなで繋がれてるけど、それ線路やし!
美しい街並みと牧歌溢れるおおらかさ、
これがトリニダーの人気がゆるぎない理由だろう。
posted by アモーレ八木 at 14:32| 大阪 ☀| キューバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ