2017年09月07日

カレー…

今から約28 年前…
俺がこの世界に入った時の最初の仕事がカレーの仕込み、
まぁ〜キツかったで〜!
玉葱10キロ天地くり抜いて、
皮剥いて刻んで大きな大きなフライパンで、ひたすら飴色炒め。
玉葱の茶色い硬い皮が爪の下に刺さって痛いし、腱鞘炎なるし。
らんぷ亭のカレーのモデルは、
やはりインディアンカレー。
キャベツのピクルスも人参を追加して色合いを出したものの、リンゴ酢に上白糖で味を作るのも同じ。
インディアンカレーを食べてる間は強い唐辛子の辛味に舌はヒリヒリするが、食べ終わるとシナモンの甘やかな香気と練乳のまろやかで重厚な甘さが相まってしばらく幸せな時間が続く。
この幸せ感が、中毒性を生む。
もう一つカレーと言えば、
味カレー!
かっぱえびせんがデビューして、
全国を制圧するまでは俺たち子供は味カレーやった。
しかもかっぱえびせんのフォルム!
俺達の味カレーパクっとるやん!
袋には「やまとの味カレー」ってあるから俺らは大阪のもんやと思ってたが、裏を見たら長崎産やった。
これはビックリ!
  • 20170907191633485.jpg
  • 20170907191651584.jpg
posted by アモーレ八木 at 19:17| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ