2017年09月15日

がんばれ日馬富士!

mojito7BARオープン前の新地時代、
当時はまだ安馬だったが
よく店に来てくれた。
いつもマッカラン18年のロックと、 シガーを楽しんでた。
一緒に飲みに行った事もある、
しかも奢ってくれた。
今場所は一人横綱の苦しい場所、
ただでさえ137キロは幕内平均体重よりも30キロも軽いので好調じゃ無いと大変。
若い勢いのある突き押し力士の台頭、しかも琴奨菊戦の負け。
式守伊之助も見えてないし、
審判連中も誰一人手を上げない。
正直俺は立ち会いがナーバスでどんくさい琴奨菊が嫌いだ、
彼の立ち会いは相手力士の協力無しには成立しない。
塩に別れて長く待たされ、
琴奨菊が立てるタイミングでしか立てないからだ。
今回も日馬富士がやめなかったら、
琴奨菊の顔面に膝が入りそうな程の勢いの違い。
日馬富士のクリーンさと優しさが、仇となってしまった。
気持の切り替えも難しいし、
一人横綱となって休もうにも休めない。
もうただただガンバレと祈るしかない、
場所前は日馬富士vs嘉風のスピード相撲の優勝決定戦を楽しみにしてたのに…
posted by アモーレ八木 at 19:12| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ