2020年09月05日

高知ナイト@

極上の仁淀ブルーを堪能し、
高知市内へ向かった。
30年来のお付き合いの、
先輩バーテンダー塩田さんと
高知ナイトの一献だ!
宿まで迎えに来てくれた塩田さん、
10分ほど歩くけど、どないするが?
タクシーでお願いします。
予約困難な人気店・かもん亭。
とにかく魚の美味さのレベルが、
ホンマに凄かった〜!
始めに出て来たチャンバラ貝から、
その立派さにたまげたが…
刺身盛りの鰹と鯖、
どちらもピカピカで鮮度の凄みと
澄んだ旨味の波状攻撃。
地元ならではの鰹の稚魚「しんこ」は、初めて食べたが爽やかな美味しさ。
さらに初体験の「やけど」、
深海のイワシで鱗がもろくて
触れば火傷の様に炎症跡が出来るから。
正に珍味! 内臓の品のある苦味と、
イワシ類らしいコクのある旨さが
ずっと続いて酒が進むのなんの!
土佐の酒・文佳人をおかわりした。
鰹の心臓「ちちこ」の塩焼きも、
その巨大さに驚嘆。
そして土佐あか牛の藁焼きには、
改めて藁の薫りを纏う事で
深みを増す美味さにまたびっくり。
藁・恐るべし!
〆はでっかいうるめイワシの棒寿司、ふわふわのシャリに脂ノリ乗りのうるめ、更に炙って尚旨し。
かもん亭サイコー!
おおきに、塩田さん😋

  • 20200905190943775.jpg
  • 20200905191223559.jpg
  • 20200905191228526.jpg
  • 20200905191233732.jpg
  • 20200905191238290.jpg
  • 20200905191244278.jpg
  • 20200905191250857.jpg
  • 20200905191256160.jpg
  • 20200905191302725.jpg
posted by アモーレ八木 at 19:13| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ