2020年09月06日

高知ナイトB

高知ナイトBは、愛しのフランソワ バー。
27歳の時に徳島に渡り高知の市政100周年記念の、
カクテルコンテストに応募した際・・・
予選突破しなかったのだが、
なんてオモロイやつなんだ!
と、その当時のお店にボデギータの国澤氏をお供に
わざわざ会いに来てくれたのが30年前。
塩田さんと出会うちょっと前かな?
高知最古のバーであり、そのダンディズムで
圧倒的な異彩を放つ鈴木さんのBAR。
ここしばらくはお店に立たれることは無かったが、
最後にここで迎えて頂いた時は2004年。
新地のBesoの佐藤との二人でお邪魔した時だ。
佐藤がマンハッタンをお願いします!って言うと、
ウインクしながら
「うちのマンハッタンはパーフェクトマンハッタンです」
嬉しさと美味しさに俺と佐藤の間で、
パーフェクトマンハッタンのブームが起こった。
今では珍しくもないLILLETも28年前に、
ここで鈴木さんに出して頂いて伝説を現実にしてもらった。
そんな話から生まれた俺と佐藤の共同制作カクテルが、
畏敬の念をこめて「ムッシュ・フランソワ」
リレ・ブランにレモンジュース、
ソーダかペリエでアップしてカルバドスをフロート。
そんな沢山の思い出が詰まったフランソワで杯を進めるうちに、
現マスターの三好氏が・・・
俺と塩田さんだから、お知らせしても良いと思います…
実は昨日逝きました。
あまりの事に愕然としたが、
そこからは多くの思い出と鈴木さんへの敬愛で
追悼の杯を重ねる。
古いチナールと現行の飲み比べさせてもらうと…
調子出てきて無理を言ってカウンターに入れて頂き、
即興で追悼カクテルを作らせて頂いた。
アメール・ピコン 4
フェルネ・ブランカ 2
アマレット 1
生クリーム 1/2 ウェルシェーク
渋めのリキュールの味重ね、
スーズを愛飲した往年の鈴木さんに捧げるカクテル。
ネーミングは5日後にひらめいた!
「Suzuxisander」鈴木サンダー
ちょっとふざけてるようだが、
鈴木さんの好きなお酒を重ねて高知のBARの大王として!
最後は毎年のようにフランス・パリの、
リッツのバーを訪れておられたので…
哀悼のコニャックフィニッシュ。
三好マスターが出してくれたのが、
ジャンフィユー・レゼルブ・ファミーユ。
セプドール・オブ・コニャックの、
メゾンコニャック…当然 最高のん。
三好マスター&塩田さん
ありがとうございました。
そして本日からしばらく(49日?)
ムッシュ・フランソワデーとして、
・ムッシュ・フランソワ
・パーフェクト・マンハッタン
・・Suzuxisander 鈴木サンダー
3種のフランソワ・カクテルをご提供します。
但しムッシュ・フランソワはカルバドスが無いので、
フレンチカリビアンラムのネイソンをフロートします。
IMG_20200901_220117.jpgIMG_20200901_220155.jpgIMG_20200901_220212.jpgIMG_20200906_113515.jpgIMG_20200906_113640.jpgIMG_20200906_113606.jpg
posted by アモーレ八木 at 16:02| 大阪 ☁| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知ナイトA

高知ナイトAはBAR巡り、
そもそもがバーテンダー同士の出会いに感謝やもん。
最初はビターフルーツってお店で、
ラムやテキーラが充実している。
昨日1日飲んでない白ラムソーダ…
うちの店にあるラインナップがいくつかあるので
ラ-ファボリット・ブランから始まり3杯。
二軒目のBARの名前は忘れてしまった…
でも嬉しかったのがその昔…
高知県北川村柚子カクテルコンペティションに参加し、
2位となった時に一緒に参加し4位になった選手がマスター。
「少年の瞳と老人の肉体を持つ愛のバーテンダー、
Amore八木さんですよね」って25年ほど前の記憶が鮮やか。
何を何杯飲んだかさえも忘れてる俺なのに。
kanzasi1.jpg
これがその時の「かんざし」
日本酒 5
クレームドカシス 1
柚子シロップ 1/2  ステア/ストレートアップ
posted by アモーレ八木 at 15:26| 大阪 ☁| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ