2016年03月24日

ヤクザ。

昨日の天六温泉。
全身モンモンのヤクザが露天に入ってる俺の横に、
「すんまへんな〜 横よろしいか〜」
「どうぞ」
「風呂はよろしいな〜」
「そやね」
「兄さんこのへんですか」
近所って言えばめんどくさい事になるのは見えてるので、
「いや、東淀川ですわ」
「あ〜 ガラの悪いとこですな〜 小林〇〇って知ってますか?」
「知らんわ」
「ほな高田〇〇は知ってまっか」
「知らんわ」
知るかいな、そんなヤクザもん、めんどくさいわ〜。
そんな調子でそこらじゅうのお客に話しかけまくるヤクザ、
身体を洗いに向かうと・・・
「おえ お前 人の前通るときは、すんまへんやろ」とイチャモン。
「???」
そこからもう荒れまくり、吠えまくり。
「ケンカしよか〜 表出ぇ〜や〜」
無視して身体洗ってる時間中ずっと
「おい、ハゲ〜」
俺の事か?
「俺はむちゃくちゃケンカ強いねんぞ」
・・・
「おい、髭のデブ〜」
それは、俺かも。
まぁ ずっと吠えたくって、カラミたくって大迷惑の風呂場。
上がったら上がったで付きまとい、
「おい、ケンカしよか〜」
「せ〜へんで、そんなヒマちゃうから」の後は無視。
脱衣箱の鍵の番号も見えんらしく、
「お姉ちゃん、これ何番って書いてある?
刑務所ばっかり入ってるから、老眼鏡ないし見えんねん」
出てくる度に、こんな始末なんやろな〜。
「お前 しょうもないヤツやの〜 ケンカもできん しょうもない」
「無視か こら お前どんだけ大物かは知らんけど」
「俺はめちゃくちゃケンカ強いねん、後ろからでもかかってこいや」
ずっと無視してたら今度は他の客に媚び始め、
「ま〜 飲んで〜な」と一人目にビールを渡し二人目には、
「何飲むん?」
「よろしいわ」
「そない言うなや、つまらんの〜」
「腸悪いから、冷たいもんあかんのやわ」
「ほんなら、アイスでも」
???
「まぁ ワシってこんなんやから、刑務所でも懲罰ばっかり」
そらそやろ
で、帰りしなに「あれはアカンわ、出禁やな」
番台のお姉ちゃんと一言交わしてさいなら。
銭湯にヤクザって全然珍しくないんやけど、こいつはアカンわ。
二日続けてうっとしい思いしたくないから、
今日は一時間早く天六温泉へ・・・平和ってええな〜。
posted by アモーレ八木 at 18:41| 大阪 ☁| 銭湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ