2007年11月02日

おめでとう、ノリ!

背番号205で今シーズンをスタートした中村ノリ。

育成選手〜支配下選手となり205番から99番へ、
でも年俸わずか600万円。

あまりに理不尽な中日球団の扱いにもめげず、
「感謝の気持ち」を前面に出し続け腰痛と戦いながら
シーズン20本塁打の成績をひっさげ日本シリーズに臨んだ。

大車輪の活躍で日本シリーズのMVPに輝き、
野球の神様の存在を実感させた彼の戦いぶりに大きな拍手を送りたい。

今シーズン一番注目した選手が、最高の形でシーズンを終え
野球ファンとしてこの上ない喜びを感じる。

彼の加入でサードの定位置を追われた森野は
ピッチャー・キャッチャーを除く6つのポジションをこなし、
福留の離脱を補うだけでなくチームのあらゆる状況にも貢献した。

基本的に好きではない落合の「今シーズンのMVPは森野」発言は、
素晴らしくドラゴンズ選手たちの心に響いたことだろう。

山井の超歴史的パーフェクトを消してしまった投手交代の采配も、
指揮官なら相手の一番嫌な選択をすべしという観点からは当然で
疑問を感じるナインはいないはず。
それほどの結束力と完成度をこのチームから感じるのである。

パリーグファンの私は声を大にして言いたい。
ヒルマン監督の素晴らしさは言うまでも無く、ダルビッシュの凄さも
疑う余地すらない。

しかし 外人監督と若い選手だらけのファイターズをまとめ上げ、
戦う集団として最低得点でリーグ連覇を成し遂げた影のMVPは
紛れも無くキャプテンの金子誠だ。

表の数字に表れない功労者の存在が、
接線をモノにし続け晴れの舞台に導いた事実。

激しい戦いで野球ファンを楽しませてくれたプロ野球2007。
派手なレッドソックスの優勝も良いが、
地道な活躍が実を結んだ日本の「野球」・・・良いもんですわ。

ノリ、ほんまにおめでとう!

そして中日球団さん、ガッポリ弾んだってや。
posted by アモーレ八木 at 19:15| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | プジョー205CTI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小豆島のオリーブですか!?・・・オリーブ大好きですので、今度ぜひ味あわせて下さい。
Posted by GIOSblue at 2007年11月13日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
過去ログ