2017年11月25日

湯の峰・薬湯。

最後は食堂のおばちゃんお薦めの、
共同浴場・薬湯。
まったり滑らかでありながら、
湯の花満開の緻密なお湯。
ええ具合に香る硫黄とのバランス、
別府の照湯温泉を思わせる。
そらこんな極上湯あったら、
移住する気になるんも分かる。
ビシッと温まり、水かぶり…
3回繰り返し、
最後は温泉成分流さす身体に纏う。
いや〜、やっぱり湯の峰最高!
このまま泊まれれば…
なんせ有田インターまで、
飛ばして2時間。
行きはわくわくしてるから感じんけど、帰りは何倍も遠く感じる。
なんでだろ〜?
  • 20171125212542545.jpg
posted by アモーレ八木 at 21:25| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯の峰売店食堂

温泉巡りの楽しみの一つは、
湯上がりのビールと温泉ゆで卵。
この湯の峰の共同浴場横の売店食堂はよろしいで〜。
田舎の食堂あるある…
ご飯モンばかりでツマミが無い、
でもここはアテもん豊富。
今回注文したしらす、
まるでお茶漬け程のルックス&ボリューム…これで300円也。
湯釜で茹で立ての卵が美味いし
おばちゃんも愛想よくて、
話も盛り上がる。
温泉話しで盛り上がってたら、
湯の峰の薬湯に惚れ込んで大阪から移住したそうな。
そんなん言われたら、
薬湯も入らなアカンやん!
  • 20171125211217921.jpg
  • 20171125211228477.jpg
posted by アモーレ八木 at 21:12| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり湯の峰

明けて金曜日…
大阪に戻らねばならない、
でも遥々ここまで来て龍神温泉では仕上がらない。
このまま有田インターチェンジまでは、1時間半。
湯の峰までは飛ばしまくって1時間、迷ったけど湯の峰へ。
ラッキーな事につぼ湯はすぐに入れるタイミングで、即入湯。
4年前の正月の一番風呂では、
衝撃の熱さで中々入れず先に服を脱いだ事を更改したもんだ。
ここのお湯は七色に変化するが、
最初は透明感あるお湯。
これ、めっちゃ熱い証。
うめて混ぜてを繰り返し、
45度程に下げてから入湯。
ええわ〜 でもパンチあるわ〜
小さな湯屋に射し込む陽の光と、
滑らかでありながら重厚なブルーグレーの硫黄香るワンダフル湯。
やはり、いつ来ても素晴らしい!
つぼ湯マイラブ。
  • 20171125210209987.jpg
posted by アモーレ八木 at 21:02| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍神温泉・旅館萬屋

龍神温泉3湯目は、
この日の宿泊先・萬屋のお風呂。
元湯のボーリング泉の流れか?
湯船は小さいけど柔らかなお湯に浸かりながら、すぐ横を流れる日高川のせせらぎを静かに聞きながらのんびり入れるのがいい。
俺はルーティン通り3入湯、
全て貸し切りでした。
いつも思うけど温泉旅館に泊まって、温泉に入らん客が多い気がする。
な〜ぜ〜じゃ〜?
  • 20171125204707862.jpg
posted by アモーレ八木 at 20:47| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍神温泉・元湯

あっという間の下御殿の次は、
龍神温泉の元湯。
内湯は自噴の46度と、
ボーリング泉の48度の二種類。
露天の方は自噴の湯の、 循環と思われどちらも肌にピリピリくる。
湯が若いのか?
俺はボーリング泉の方がいいわ。
龍神温泉唯一の源泉掛け流し…
それもそれでなんか寂しいな〜
それだけ湯量が減ってる証拠。
入浴料700円也、
1時間弱で1700円が…
日本三大美人の湯っちゅうのも、
なんか根拠が怪しいし。
正直この手のニュルチュル湯、
下呂温泉の圧勝な気がしてしゃ〜ない。
  • 20171125203954203.jpg
posted by アモーレ八木 at 20:40| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍神温泉・下御殿

今回龍神温泉に向かったのは、
この下御殿の殿様湯に入りたかったから。
全国でここだけと言われる、
湯船の中まで総畳ばりのお風呂。
昼の12時に到着したが残念なお知らせの貼り紙に、2時半に終了って。
5時までのはずやのに…
千円払って20分限りの入浴。
でも雰囲気あるわ〜
こじんまりやけど風情あって、
優しいお湯と共に楽しめました。

  • 20171125193319621.jpg
posted by アモーレ八木 at 19:33| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

湯郷C

yg8.jpg
6年ぶりの湯郷ナイトで再訪した居酒屋・ごん太、
「ほし肉」の看板に引き寄せられたお店だ。
このあたりにはビーフジャーキーならぬ「ほし肉」文化があり、
ごん太ではフライパンで焙って葱のせマヨ添え。
正直マヨはいらんけど、たっぷり一味が美味しい。
そして地方居酒屋のスペシャルは地元のこの時期限定の食材、
「ずい茸」の味噌汁。
今や希少なこのキノコはどんどん価格も高騰、
そのうち松茸並みにとのうわさも。
やっぱり旅では地元のもんをいただくのが、
いちばんよろしいなぁ。
posted by アモーレ八木 at 14:06| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

湯郷B

yg7.jpg
湯郷レポートB
温泉2軒の後は偶然みつけた「そば聖人さま」
の幟に引き寄せられて田舎道を行く、
今年は何かと蕎麦ずいてたし。
ようやくたどり着いて目にした瞬間、マジでこれ?
想像をはるかに下回るボリューム&クオリティ、
頭部の小ささはなんやねん!
そしてその隣に祀られたお薬師さんは更にこう来たか!?
決して笑かそうと思ってこしらえたんじゃない事を祈るのみ。
なんせ仏さまですから・・・
笑ったらあかんねんで、わろたら。
posted by アモーレ八木 at 15:59| 大阪 ☁| 温泉めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ